【VB.NET】テキストボックスに複数行入力できるようにするには?

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

今回は、テキストボックスに複数行入力できるようにする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

テキストボックスに複数行入力できるようにする

設定内容

プロパティウィンドウにて、Multilineプロパティを「True」、ScrollBarsプロパティを「Vertical」に指定します。

 

解説

Multilineプロパティ

解説 TextBoxコントロールは、初期設定では、1行分の高さで固定になっていて高さを変更することができません。
高さを変更し複数行入力できるようにするには、TextBoxコントロールのMultilineプロパティを「True」に指定します。

ScrollBarsプロパティ

解説 垂直スクロールバーを表示するには、ScrollBarsプロパティで「Vertical」を指定します。

横スクロールバーを表示する場合

設定内容

プロパティウィンドウにて、ScrollBarsプロパティを「Horizontal」、WordWrapプロパティを「False」に指定します。

 

解説

ScrollBarsプロパティ

解説 水平スクロールバーを表示するには、ScrollBarsプロパティで「Horizontal」を指定します。

WordWrapプロパティ

解説 コントロールの右端を越えた文字列を自動的に折り返すにはTrue、水平スクロールするにはFalse。既定値はTrueです。
WordWrapプロパティが「True」に設定されている場合は、ScrollBarsプロパティの値に関係なく、水平スクロールバーは表示されません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

本のまとめ関連記事はこちら

数あるVisualBasic本の中で評価の高い本7選