【VB.NET】ショートカットメニューを付ける方法

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

この記事では、ショートカットメニューを付ける方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ショートカットメニューを付ける

テキストボックス内で右クリックしたときに、文字の配置を変えるショートカットメニューを表示する。

 

使用するコントロール

ContextMenuStripコントロール

解説 フォームやコントロールを右クリックしたときに表示するショートカットメニューを作成するには、ContextMenuStripコントロールを使います。

ContextMenuStripコントロールは、ツールボックスの「メニューとツールバー」から「ContextMenuStrip」を選択して、フォームをクリックします。



追加したContextMenuStripコントロールは、コンポーネントトレイに表示されます。



コンポーネントトレイに表示されたContextMenuStripコントロールをクリックすると、フォームに、メニュー作成画面が表示されます。

 

作成手順

ショートカットメニューの作成

「ここへ入力」をクリックします。

 

「左寄せ」と入力します。

 

「ここへ入力」をクリックします。

 

「中央揃え」と入力します。

 

同じ要領で「右寄せ」も作成します。

 

テキストボックスとContextMenuStripの関連付け

テキストボックスをクリックします。

 

プロパティウィンドウにて「ContextMenuStrip」プロパティに、追加したContextMenuStripコントロールを設定します。

 

イベントハンドラーの作成

作成したメニューコマンドをダブルクリックすると、クリックイベントが作成されます。

 

他のイベントハンドラーを作成したい場合

作成したContextMenuStripの「左寄せ」の部分をクリックします。

 

プロパティウィンドウの「イベント」をクリックします。

 

イベント一覧の入力ボックス(ピンク枠)をダブルクリックすると、各イベントのイベントハンドラーを作成することができます。

 

サンプルプログラム

2 「左寄せ」がクリックされた場合、
4 テキストボックス内の文字列の位置を「左寄せ」にする。
8 「中央揃え」がクリックされた場合、
10 テキストボックス内の文字列の位置を「中央揃え」にする。
14 「右寄せ」がクリックされた場合、
16 テキストボックス内の文字列の位置を「右寄せ」にする。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

本のまとめ関連記事はこちら

数あるVisualBasic本の中で評価の高い本7選