海外ドラマ『THE FLASH/フラッシュ シーズン2』が面白い!主要キャスト、全23話あらすじを紹介

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

海外ドラマ「THE FLASH/フラッシュ シーズン2」

登場人物のキャラクターにそれぞれ個性があって、アクションだけではなくクスっと笑えるシーンもあり自然と愛着がわいてきます。

また、ストーリーも非常にうまく構成されていて飽きることがないですよ。

このページでは、主要キャスト、全23話のあらすじを紹介します!

注意
「あらすじ」をじっくり読み進めるとネタバレしますのでご注意ください。

スポンサーリンク

主要キャスト

バリー・アレン(グラント・ガスティン)

本作の主人公。

 

本名はバーソロミュー・ヘンリー・アレン。

 

セントラル・シティ警察の科学捜査官。

 

明るく素直な楽天家で、空気を読むことや嘘、その場しのぎが苦手。

 

その一方、父母を失っている経験からアイリスをも失うことを恐れて、彼女に寄せる想いを長年秘密にしている。

ジョー・ウェスト(ジェシー・L・マーティン)

アイリスの父であるセントラル・シティ警察の刑事。

 

母を亡くして父が投獄されたバリーを引き取った。

 

バリーのことを我が子のように扱っており、彼からも父親のように慕われている。

 

また、バリーのアイリスへの気持ちを察しつつも、黙って見守っていた。

アイリス・ウェスト(キャンディス・パットン)

ジョーの娘。

 

バリーが家に引き取られてからずっと姉弟のように過ごしてきており、現在も親友。

ハリソン・ウェルズ(トム・キャヴァナー)

S.T.A.R.ラボを起ち上げた科学者。

 

粒子加速器稼働を主導し、その爆発事故によって失脚した。

 

事故以来、車椅子を使っている。

ケイトリン・スノー(ダニエル・パナベイカー)

非常に知的な生物工学の専門家でS.T.A.R.ラボ所属の科学者。

 

真面目な性格をしていて、バリーやシスコが無茶をしようとすると苦言を呈したり自重を促す役回りである。

シスコ・ラモン(カルロス・バルデス)

S.T.A.R.ラボの最年少科学者で機械工学の天才。

 

陽気でお調子者のオタクで、特徴的な犯罪者やメタヒューマンが現れるたびにあだ名をつけて面白がっている。

あらすじ

第1話「新たな脅威」

セカンド・シーズンは、セントラル・シティが特異点の脅威にさらされ何カ月か経った頃、幕を開ける。

 

エディ (リック・コスネット) の死に対して今も自責の念に駆られているバリーは、友人たちを危険から守るために彼らを突き放し、一人でセントラル・シティを守ろうと決意していた。

 

だが、アトム・スマッシャーというメタヒューマンがセントラル・シティに襲いかかったとき、アイリスは、セントラル・シティの住民を救うためには友人の助けが必要だとバリーに言う。

 

そんな中、シスコはメタヒューマン対策本部でウェストを手伝っていた。

第2話「もう一人のフラッシュ」

アース2からやってきた謎の男ジェイ・ギャリックがSTAR (スター) ラボに姿を現す。

 

彼は、ズームという俊足で邪悪な男がフラッシュを破滅させようとしていると警告する。

 

この見知らぬ男を信用するかどうかの決断に迫られる中、バリーたちは、新たな強いメタヒューマンと対峙することになる。

 

そんな中、ウェストは、メタヒューマン特別班に入りたいと強く志願する警官、パティ・スピヴォットの対応に追われていた。

第3話「家族の呪縛」

バリーたちは、キャプテン・コールドが誘拐されたことを知り、スナートを助けるために不安ながらも彼の妹リサと手を組むことにする。

 

だが、スナートが父のルイスと共に強盗を働いていることを知ったバリーは、裏切られた気持ちを禁じ得ない。

 

一方、スナート家には隠された秘密があった。

 

そしてリサは、証拠としてあるものをバリーたちに見せる。

 

そんな中、ウェストは苦渋の決断を迫られていた。

第4話「ヒーローの資質」

バリーたちは、シュタイン教授がファイヤーストームとして結合するための新たなパートナーを探す。

 

そして、STAR (スター) ラボチームは、有力な候補者としてジェファーソンこと“ジャックス”・ジャクソンに会うが、ケイトリンは、ジャックスとシュタイン教授の相性が合わないのではないかと懸念する。

 

一方、アイリスはあることでウェストを驚かせ、バリーとパティの仲は親密になっていく。

第5話「もう一人の自分」

バリーはドクター・ライトがアース2からこの世界へやって来たことを知り、彼女を捕まえようとする。

 

ジェイは、アース2ではドクター・ライトが脅威となる人物ではなかったため“彼女とは話し合えば問題はない”とバリーに伝える。

 

だがフラッシュとの戦いで、彼女はバリーの視覚を奪い、ズームについて驚くべき事実を明かす。

 

そしてバリーがパティとデートに出かけたとき、ある事件が起こる。

第6話「ズーム襲来」

バリーは、最近起きた出来事を踏まえ、ズームから真実を問いただす覚悟を決めて、危険な計画を思いつく。

 

だがケイトリンとジェイは、バリーが“スピードの悪魔”と直接対面するのは危険すぎると考えていた。

 

一方アイリスは、バリーの考えに賛同し意外な味方を連れて来る。

 

そんな中、この世界にやって来る前のアース2では、ハリーがウェルズ博士としてどのような生活を送ってきたか、そして彼がなぜアース1へやって来たのかが判明する。

第7話「失った自信」

ゴリラのグロッドがセントラル・シティへ再びやって来て、ケイトリンを誘拐する。

 

バリーたちは手遅れになる前にケイトリンを助け出そうと、必死に捜し回る。

 

一方シスコは、ジッターズの店員、ケンドラ・ソーンダーズとの初デートを計画するが、ある日、ケンドラについて衝撃の事実を知ってしまう。

 

そんな中、パティは、バリーが隠し事をしているのではないかと疑い始めていた。

第8話「レジェンド・オブ・トゥデイ」

ケンドラ・ソーンダーズを狙うヴァンダル・サベッジが、セントラル・シティにやって来てケンドラとシスコに襲いかかる。

 

2人を助けたバリーは、サベッジの手強さを痛感し、オリバーたちのいるスター・シティへケンドラを連れて行く。

 

だが“翼の生えた男”ことホークマンがケンドラを連れ去ると、事態は急激に変化する。

 

一方、ウェルズ博士はバリーの走りを速める血清を開発しジェイに試そうとしていた。

第9話「クリスマスの悪夢」

レナード・スナートことキャプテン・コールドとジェームズ・ジェシーことトリックスターをアイアンハイツ刑務所から脱獄させるため、マーク・マードンことウェザー・ウィザードがセントラル・シティに戻ってきた。

 

クリスマスの時期、彼らにこの街を乗っ取られないよう、バリーは悪党たちを止めなければならない。

 

一方、ウェストとアイリスはウォリー・ウェストと初めて対面する。

第10話「ウェルズの決断」

パティとの仲が深まってきたため、バリーは自分がフラッシュであることを彼女に打ち明けようと思い始める。

 

パティは、バリーが隠し事をしているのではないかと疑惑を抱いていた。

 

一方ウェストとアイリスは、ウォリーについてもっと知ろうとする。

 

そしてSTAR (スター) ラボチームはある計画を実行するため、一人のメタヒューマンを捕まえようとする―それは、時の流れを遅くする能力を持っているメタヒューマンだった。

第11話「リバース・フラッシュ、再び」

未来が変わったことにより、シスコは、もうこの世に存在しないはずのイオバード・ソーンのバイブを感じるが、バリーたちは彼の言うことを信じない。

 

だがリバース・フラッシュはマーキュリー・ラボを襲撃し、クリスティナ・マギーを連れ去ってしまう。

 

それは、ある物を手に入れるためにマギーの力が必要だったからだ。

 

一方、アイリスとフランシーヌは本音で語り合い、アイリスは弟のウォリーと仲を深めようとして彼に歩み寄っていく。

第12話「葛藤」

バリーはウェルズ博士と手を組み裂け目を閉じる方法を探りだそうとするが、タールピットというあだ名のメタヒューマンが登場し、状況は一変する。

 

彼は液体のアスファルトに変身できるのだ。

 

一方、ウォリーの趣味がドラッグレースだと知ったアイリスは、彼の身を案じる。

 

そして、ウォリーが趣味を諦める気はないと言うと、アイリスはある大胆な行動に出る。
だが、そのために彼女自身が危険にさらされてしまう。

第13話「アース2」

バリー、ウェルズ博士とシスコはアース2へ行き、ウェルズ博士の娘ジェシーをズームから救おうとする。

 

バリーはアース2のアイリスとウェストに遭遇して驚く。

 

またキラーフロストとデスストームに対面するが、戦う準備はまったく出来ていなかった。

 

一方アース1ではジオマンサーというあだ名のメタヒューマンがセントラル・シティを攻撃し、ジェイが代わりにフラッシュの役割を担って街を救うことになる。

第14話「アース2からの帰還」

アース2への旅のスリルに満ちた結末を描いたエピソード。

 

ズームはある人物を必死に捜していたが、STAR (スター) ラボチームもズームの隠れ家を早急に見つけようと必死だった。

 

チームはアース2にいる人物の中で、最も意外な人物から手助けしてもらうことになる。

 

一方、アース1ではジェイにジオマンサーを封じさせるため、ケイトリンがヴェロシティ・ナインを完成させようとしていた。

第15話「キング・シャーク」

キングシャークがA.R.G.U.S (アーガス) の施設から逃げ出したため、ライラ・マイケルズとジョン・ディグルがセントラル・シティへやって来る。

 

彼らは、キングシャークがバリーを殺そうとしていると警告しに来たのだ。

 

バリーはキングシャークを捜すが、まったく姿が見当たらない。

 

一旦捜すのをやめてウェスト家へ行くバリー。

 

だがそこに、キングシャークが姿を現し、ウェスト、アイリス、ウォリー、そしてバリーに襲いかかるのだった。

第16話「スピードの果てに」

バリーたちは、気分転換のために夜出掛けるが、悪事を働く俊足の人物に遭遇する。

 

街の人々はその人物をフラッシュだと間違える。

 

その速さからヴェロシティ・ナインを使っていることに気づいたバリーたちに、あることがひらめく。

 

一方アイリスは、新たな上司から課題を突きつけられる。

 

そして、2人の間に漂っていた険悪なムードが一転、甘いムードになったことに驚く。

第17話「フラッシュバック」

ズームの正体が発覚し、アース2へ戻ってズームを倒すというバリーの決意は、今まで以上に強固になる。

 

バリーは、俊敏さをさらに高めるため、過去へ戻って、大敵であるウェルズ博士ことイオバード・ソーンからコツを教えてもらおうとする。

 

バリーは、そこでおなじみの敵、ハートリー・ラサウェイと旧友のエディ・ソーンに会い驚いてしまう。

 

そんな中、アイリスは前進するため、過去と決着をつける。

第18話「交換条件」

タキオン装置を手に入れたバリーは、自分がズームより俊敏に動けるという確信を持つ。

 

そして、ズームを捕らえるために裂け目を開けたいと思う。

 

ハリーは、最初、それを実行することに強く反対していたが、バリーに説得され、シスコが裂け目を開く能力を持っていると明かす。

 

一方アース2では、ハンター・ゾロモンのつらい出来事が明らかになる。

 

また、フラッシュはあるものを諦めなければならなくなる。

第19話「奪われた力」

とてつもない力を持つメタヒューマン、グリフィン・グレイが、ハリーをアース1のウェルズ博士だと勘違いし、誘拐する。

 

メタヒューマンになったため、体にある変化が起きるグレイは、ウェルズ博士に治してもらいたかったのだ。

 

一方バリーは、もう一人のウェルズもグレイの居場所を突き止められることに気づき、ジェシーに協力を要請する。

 

そんな中、ウォリーは、ウェストに詰め寄りフラッシュについてあることを白状させようとしていた。

第20話「最終手段」

セントラル・シティを乗っ取ろうとするズームが、アース1に戻ってくる。

 

バリーとウェルズ博士はズームを倒す策を練るが、バリーは、リスクの高い計画を実行すべきかで悩み、2人の父にアドバイスを求める。

 

一方シスコは、アース2の悪党ラプチャーをバイビングして驚く。

 

ラプチャーはシスコの兄ダンテのドッペルゲンガーで、報復のために地球へやって来た。

 

そしてアイリスは、ついにバリーへの気持ちを伝える決意をする。

第21話「スピードフォース」

バリーがいなくなってしまい、STAR (スター) ラボチームは、戻ってきたなじみの敵、ガーターに自分たちだけで対応することになる。

 

ガーターが、前回と同様、アイリスを狙っていることが判明したため、アイリスは、彼をSTAR (スター) ラボへ閉じ込めるためのおとりになることを志願する。

 

一方バリーは、元の世界に戻ろうと奮闘していた。

第22話「繰り返される悲劇」

ズームがアース2のメタヒューマンたちの軍をセントラル・シティに放ち、バリーは軍のリーダーを見て戦慄する。

 

なんとそれは、アース2でのブラックキャナリーのドッペルゲンガーこと、ブラック・サイレンだったのだ。

 

一方ウォリーは、メタヒューマンを倒そうとするフラッシュを助けようと街へ出るが、ウェストは彼が心配でたまらない。

 

そして、アイリスとヘンリーは、ズームと対戦するバリーを心から心配していた。

第23話「運命のレース」

ついに本当の計画を明かすズーム。

 

そして、彼を阻止するためなら何でもすると誓うバリー。

 

壮大なる対決が繰り広げられる、セカンド・シーズン・フィナーレ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Hulu公式サイト