【VB.NET】指定した回数だけ処理を繰り返す方法

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

この記事では使用例をもとに、指定した回数だけ処理を繰り返す方法をご紹介します。

スポンサーリンク

使用例

  1. 画面起動時、コンボボックスには何も設定されていない状態
  2. 「実行」ボタンをクリック

  3. コンボボックスに前ゼロ付きの連番を設定する

 

使用するステートメント

For…Nextステートメント

For カウンター変数 [As データ型] = 初期値 To 終了値 [Step 増減値]

      繰り返す処理

Next

解説 指定した回数だけ処理を繰り返すには、For…Nextステートメントを使います。
10回繰り返す場合は、初期値を「1」、終了値を「10」とします。
カウンター変数を、「5」「10」「15」のように任意の値で増加させる場合は、Stepキーワードを使って、増減させる値を「Step 5」のように記述します。
For…Nextステートメントの処理を、何らかの条件などによって途中で終了する場合は、Exit Forステートメントを使います。

サンプルプログラム

4 コンボボックスの値を初期化
6 整数型で宣言したカウンター変数「i」を用意し、5回、以下の処理を繰り返す。
7 カウンター変数「i」の値を前ゼロ3桁の文字列に変換し、コンボボックスに値を追加する。

補足

Forステートメントで宣言しているカウンター変数は、Forブロック内でのみ有効です。このような変数をブロック変数と言います。

サンプルプログラム(Exit Forを使用)

4 コンボボックスの値を初期化
6 整数型で宣言したカウンター変数「i」を用意し、10回、以下の処理を繰り返す。
8 カウンター変数「i」の値を前ゼロ3桁の文字列に変換し、コンボボックスに値を追加する。
10 カウンター変数の値が「5」になった場合、
11 処理を終了する。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

本のまとめ関連記事はこちら

数あるVisualBasic本の中で評価の高い本7選