【EXCEL VBA】指定したセル範囲に連続データを設定する方法

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

この記事では使用例を使って、指定したセル範囲に連続データを設定する方法をご紹介します。

使用例

  1. 「実行」ボタンをクリック

  2. 「No」「加算」「乗算」「年月日」「年月」「年」の各項目に連続データを設定する

使用するメソッド

AutoFillメソッド

Rangeオブジェクト.AutoFill(Destination,[Type])


Rangeオブジェクトで指定したセルの値を基準として、引数Destinationで指定したセル範囲のデータを設定する。設定するデータの種類は引数Typeで指定する。

引数Typeの設定値

設定値 内容
xlFillSeries 連続データ
xlLinearTrend 加算
xlGrowthTrend 乗算
xlFillDays 日単位の連続データ
xlFillMonths 月単位の連続データ
xlFillYears 年単位の連続データ

ボタンの作成

「開発」タブの確認

リボンに「開発」タブが表示されているかの確認をします。

 

 

「開発」タブが表示されていない場合は、「開発タブの表示」をご覧ください。

ボタンの作成

①「開発」タブをクリック⇒②「挿入」をクリック⇒③「ボタン」をクリックします。

シート上にカーソルを移動し、ポインターを「+」の状態にします。

 

左クリックを押したまま、緑の矢印の方向にズルズルっとカーソルを移動します。

 

「マクロの登録」画面が表示されます。

 

①「マクロ名」を変更⇒②「新規作成」ボタンをクリックします。

 

ボタンの名前を変更する

エクセルのブックに戻り、ボタンの上にフォーカスを当てます。すると、ポインターが「」マークに切り替わります。

 

右クリックでショートカットメニューを表示し、「テキストの編集」を選択します。

 

ボタンの名前を変更します。

 

サンプルプログラム

VBAコードの入力

VBE(Visual Basic Editor)のピンク枠の部分に、VBAコードを入力していきます。

3 No列「A2」セルに値「1」を設定
4 「A2」セルの値を基準に、「A2~A12」のセルに連番を振る
6、7 加算列「B2」セルに値「1」、「B3」セルに値「3」を設定
8 「B2」「B3」セルの表示形式をカンマ区切りの「数値」に設定
9 「B2」「B3」セルの値を基準に、「B2~B12」のセルを加算していく
11、12 乗算列「C2」セルに値「1」、「C3」セルに値「2」を設定
13 「C2」「C3」セルの表示形式をカンマ区切りの「数値」に設定
14 「C2」「C3」セルの値を基準に、「C2~C12」のセルを乗算していく
16 年月日列「D2」セルに値「2019/2/1」を設定
17 「D2」セルの表示形式を「日付」形式(yyyy/mm/dd)に設定
18 「D2」セルの値を基準に、「D2~D12」のセルを日単位の連続データを設定する
20 年月列「E2」セルに値「2019/2/1」を設定
21 「E2」セルの表示形式を「日付」形式(yyyy/mm)に設定
22 「E2」セルの値を基準に、「E2~E12」のセルを月単位の連続データを設定する
24 年列「F2」セルに値「2019/2/1」を設定
25 「F2」セルの表示形式を「日付」形式(yyyy)に設定
26 「F2」セルの値を基準に、「F2~F12」のセルを年単位の連続データを設定する

NumberFormatLocalプロパティ

セルの表示形式を取得/設定する。

Rangeオブジェクト.NumberFormatLocal

エクセルでは「書式記号」と呼ばれる記号を組み合わせて「ユーザー定義」の表示形式を設定しますが、その設定値を「”」(ダブルクォーテーション)で囲んでNumberFormatLocalプロパティに設定できます。
主な書式記号は以下になります。

種類 書式記号 内容 設定例 表示例
数値 0 数値1桁を表す(「0」を表示) “0000” 0012
# 数値1桁を表す(「0」を表示しない) “####” 12
, 3桁区切りで表示 “#,##0” 1,234,567
. 小数点の位置を表す “0.00” 12.30
% パーセント形式で表示 “0.0%” 98.8%
通貨記号を表示 “¥#,##0” ¥1,234
日付 yy 西暦の下2桁を表示 “yy/m/d” 19/2/23
yyyy 西暦を4桁で表示 “yyyy””年”” 2014年
g 和暦をアルファベットで表示 “ge.m.d” H31.2.23
ggg 和暦を漢字2文字で表示 “gggg””年”” 平成31年
e 和暦を1桁または2桁で表示 “ge” H31
m 月を1桁または2桁で表示 “m””月””d””日””” 2月23日
mm 月を2桁で表示 “yyyy/mm/dd” 2019/02/23
d 日を1桁または2桁で表示 “m/d” 2/23
aaa 曜日を1文字で表示 “m/d(aaa)” 2/23(土)
aaaa 曜日を「・・曜日」形式で表示 “aaaa” 土曜日
時刻 h 時を1桁または2桁で表示 “h””時””” 13時
m 分を1桁または2桁で表示 “h””時””m””分””” 13時2分
mm 分を2桁で表示 “hh:mm” 13:02
ss 秒を2桁で表示 “hh:mm:ss” 13:02:03
AM/PM 「AM」「PM」を付けて12時間表示 “AM/PM h:mm” PM 1:02
文字 @ セルの文字を表示 “@””様””” 田中太郎様

VBAコードの保存

「ファイル」タブをクリックします。

 

 

「名前を付けて保存」を選択し、ファイル保存画面を起動します。

 

 

①ファイル名を入力⇒②「Excel マクロ有効ブック(*.xlsm)」を選択⇒③「保存」ボタンをクリックします。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!