【EXCEL VBA】VBE(Visual Basic Editor)の起動手順まとめ

スポンサーリンク

開発タブの表示

「ファイル」タブをクリックします。

「オプション」をクリックし、「Excel のオプション」画面を起動します。

①「リボンのユーザー設定」をクリック⇒②「開発」にチェックを入れる⇒③「OK」ボタンをクリックします。

VBEの起動

①「開発」タブをクリック⇒②「Visual Basic」ボタンをクリックし、VBE(Visual Basic Editor)を起動します。

VBEの終了

①「ファイル」メニューをクリック⇒②「終了して Microsoft Excel へ戻る」をクリックします。

または、画面右上の「X」をクリックします。

VBE画面各部の名称と機能

名称 機能
A 「最小化」ボタン 作業中のVBEのウィンドウをタスクバーに格納する。元に戻すには、タスクバーのボタンをクリックする。
B 「最大化/元に戻す」ボタン 作業中のウィンドウをデスクトップ画面いっぱいに表示したり、元のサイズに戻したりする。
C 「閉じる」ボタン VBEを終了する。
D メニューバー 関連する機能を表示する。
E ツールバー 機能を実行するボタンが並ぶ。
F プロジェクトエクスプローラー プロジェクトとモジュールの一覧が表示される。項目の左側の「-」や「+」のボタンをクリックすると、プロジェクトやモジュールの表示を折り畳んだり、展開したりできる。
G プロパティウィンドウ プロジェクトエクスプローラー(F)で選択されている項目の詳細が表示される。
H コードウィンドウ コードを記述する。
I 「最小化」ボタン 作業中のコードウィンドウを最小化してVBEのウィンドウ内に表示する。
J 「最大化/元に戻す」ボタン 作業中のコードウィンドウをVBEの画面いっぱいに表示したり、元のサイズに戻したりする。
K 「閉じる」ボタン 作業中のコードウィンドウを閉じる。
L 「プロシージャの表示」ボタン コードウィンドウ内で現在カーソルがあるプロシージャのみを表示する。
M 「モジュール全体を連続表示」ボタン モジュール内に作成されているすべてのプロシージャを表示する。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!