【EXCEL VBA】式の結果に応じて処理を分岐する方法

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

この記事では、式の結果に応じて処理を分岐する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

式の結果に応じて処理を分岐する

獲得ポイントが1000以上の場合、ランクに「プラチナ」と表示する

 

獲得ポイントが750以上の場合、ランクに「ゴールド」と表示する

 

獲得ポイントが500以上の場合、ランクに「シルバー」と表示する

 

上記以外、ランクに「ブロンズ」と表示する

 

書式

1つの式の複数の結果それぞれに応じて処理を行うには、Select…Caseステートメントを使います。

書式は、次のようになります。

Select Case 式

    Case 値1

            式の値が値1である場合の処理

    Case 値2

            式の値が値2である場合の処理

    ・

    ・

    Case Else

            どの値とも一致しない場合の処理

End Select

マクロの作成

「開発」タブの確認

リボンに「開発」タブが表示されているかの確認をします。

 

 

「開発」タブが表示されていない場合は、「開発タブの表示」をご覧ください。

マクロの作成

①「開発」タブをクリック⇒②「マクロ」をクリックします。

 

①「マクロ名」を入力⇒②「作成」をクリックします。

 

サンプルプログラム

VBAコードの入力

VBE(Visual Basic Editor)のピンク枠の部分に、VBAコードを入力していきます。

3 B3セル(獲得ポイント)の値が、
4 1000以上の場合、
5 C3セル(ランク)に、「プラチナ」と設定する。
6 750以上の場合、
7 C3セル(ランク)に、「ゴールド」と設定する。
8 500以上の場合、
9 C3セル(ランク)に、「シルバー」と設定する。
10 それ以外の場合、
11 C3セル(ランク)に、「ブロンズ」と設定する。

Caseステートメントの記述例

説明
Case 100 値が100のとき
Case 100,200 値が100または200のとき
Case 100 To 200 値が100以上200以下のとき
Case Is >= 100 値が100以上のとき

マクロの実行

①「開発」タブをクリック⇒②「マクロ」をクリックします。

 

①「マクロ名」を選択⇒②「実行」をクリックします。

 

 

すると、作成したマクロが実行されます。

 

VBAコードの保存

「ファイル」タブをクリックします。

 

 

「名前を付けて保存」を選択し、ファイル保存画面を起動します。

 

 

①ファイル名を入力⇒②「Excel マクロ有効ブック(*.xlsm)」を選択⇒③「保存」ボタンをクリックします。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!