【EXCEL】来店者数の累計を求めるには?

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

今回は、エクセル関数を使用して累計を求める方法をご紹介します。

スポンサーリンク

来店者数の累計を求める

例:その日の来店者数に前日までの来店者数を加えた累計を求める。

設定手順

セルに式を設定する

累計を求める先頭のセルに「=SUM(C3:C3)」と入力します。

最初の「C3」をドラッグしてF4キーを押し、絶対参照にしてEnterキーを押します。

式をコピーする

「D3」セルを選択します。

「D7」セルまで式をコピーすると、累計を求めることができます。

解説

SUM関数

書式 SUM(数値1[,数値2,・・・])
概要 合計を求める
詳細 「数値」には、合計を計算する数値やセル参照を指定する。
連続するセル範囲を指定する場合、「:」(コロン)
離れた場所のセルを指定する場合、「,」(カンマ)
で区切る。

「B2」セル~「B6」セルまでの合計を求める場合、「=SUM(B2:B6)」

「B2」セル、「B5」セルの合計を求める場合、「=SUM(B2,B5)」

絶対参照

絶対参照とは

セル参照の行番号と列番号の前にそれぞれ「$」を付けると、式をコピーしても参照先が変わりません。

数式のセル範囲を指定した直後にF4キーを押すか、「$」記号を手動で入力します。

「$」記号付きと「$」記号なし との比較

「$」記号を付けた場合、式をコピーしても値はかわりません。(1)

一方、「$」記号を付けなかった場合、式をコピーすると、コピー先に合わせて参照するセルが自動的に変わります。この参照方式を「相対参照」と言います。(2)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!