【ACCESS VBA】メッセージボックスの種類と使用例

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

この記事では、メッセージボックスの種類と使用例をご紹介します。

スポンサーリンク

メッセージボックスを表示する関数

MsgBox関数

MsgBox ( prompt [, buttons ] [, title ] [, helpfile ] [, context ] )

説明
ユーザー独自のメッセージを表示したダイアログボックスを表示するには、MsgBox関数を使用します。
必要に応じてボタンを配置し、ボタンごとに処理を分けたり、アイコンを表示したりすることができます。
指定項目 必須 説明
prompt

メッセージとして表示する文字列を指定します。
半角で1,024文字まで指定可能です。
vbCrLfを使用することでメッセージを改行することもできます。
buttons

表示されるボタンの種類と個数、使用するアイコンのスタイル、標準ボタンなどを指定します。
複数指定することも可能です。
省略すると「0」(既定値)になります。
title

タイトルバーに表示する文字列を指定します。
省略すると、アプリケーション名が表示されます。
helpfile

ダイアログボックスに状況依存のヘルプを設定するために、使用するヘルプファイルを指定します。
引数helpfileを指定した場合は、引数contextも指定します。
context

ヘルプトピックに指定したコンテキスト番号を表す数式を指定します。
引数contextを指定した場合は、引数helpfileも指定します。

引数「buttons」に指定する定数と値

ボタンの種類
定数 内容
vbOKOnly(既定値) 0 「OK」ボタンのみを表示します。
vbOKCancel 1 「OK」「キャンセル」ボタンを表示します。
vbAbortRetryIgnore 2 「中止」「再試行」「無視」の3つのボタンを表示します。
vbYesNoCancel 3 「はい」「いいえ」「キャンセル」の3つのボタンを表示します。
vbYesNo 4 「はい」「いいえ」のボタンを表示します。
vbRetryCancel 5 「再試行」「キャンセル」ボタンを表示します。
アイコンの種類
定数 内容
vbCritical 16 警告アイコンを表示します。
vbQuestion 32 問い合わせアイコンを表示します。
vbExclamation 48 注意アイコンを表示します。
vbInformation 64 情報メッセージアイコンを表示します。
標準ボタンの設定
定数 内容
vbDefaultButton1(既定値) 0 第1ボタンを標準ボタンにします。
vbDefaultButton2 256 第2ボタンを標準ボタンにします。
vbDefaultButton3 512 第3ボタンを標準ボタンにします。
vbDefaultButton4 768 第4ボタンを標準ボタンにします。
モーダルの設定
定数 内容
vbApplicationModal(既定値)
0
アプリケーションモーダルに設定します。
メッセージボックスに応答するまで、Accessの操作ができません。
vbSystemModal
4096
システムモーダルに設定します。
メッセージボックスに応答するまで、すべてのアプリケーションの操作ができません。
その他
定数 内容
vbMsgBoxHelpButton 16384 ヘルプボタンを追加します。
vbMsgBoxSetForeground 65536 最前面のウィンドウとして表示します。
vbMsgBoxRight 524288 テキストを右寄せで表示します。

MsgBox関数の戻り値

定数 説明
vbOK 1 「OK」ボタン押下時
vbCancel 2 「キャンセル」ボタン押下時
vbAbort 3 「中止」ボタン押下時
vbRetry 4 「再試行」ボタン押下時
vbIgnore 5 「無視」ボタン押下時
vbYes 6 「はい」ボタン押下時
vbNo 7 「いいえ」ボタン押下時

サンプルプログラム

1 Subプロシージャ「Sample」を作成。
3 MsgBox関数の戻り値用変数「ret」(文字列型)を宣言。
5 メッセージを表示し、クリックされたボタンの戻り値を変数「ret」に代入。
7 クリックされたボタンが「はい」の場合、
8 「処理を継続します。」のメッセージを表示します。
9 クリックされたボタンが「いいえ」の場合、
10 「処理を終了します。」のメッセージを表示します。

実行結果

「はい」をクリックした場合

「いいえ」をクリックした場合

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!