映画「ちょっと今から仕事やめてくる」は仕事辛い!と思っている人に見てもらいたい映画です。

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

「ちょっと今から仕事やめてくる」を見てみたので紹介します!

「ちょっと今から仕事やめてくる」あらすじ

第21回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞した北川恵海の同名ベストセラーを、福士蒼汰主演で映画化。

仕事のノルマが厳しく精神的に追い詰められていた隆は、疲労のあまり駅のホームで意識を失い電車に跳ねられそうになったところを、ある青年に助けられる。

幼なじみのヤマモトと名乗るその青年に全く見覚えのない隆だったが、ヤマモトとの交流を通して徐々に明るさを取り戻し、仕事も順調に進むようになっていく。

ところがある日、ふとしたことからヤマモトについて調べた隆は、ヤマモトが3年前に自殺していたという信じがたい事実を知る。

福士扮する謎の青年ヤマモトに救われる隆役に工藤阿須加。

「八日目の蝉」「ソロモンの偽証」の成島出監督がメガホンをとる。

ちょっと今から仕事やめてくる – 映画.com

「ちょっと今から仕事やめてくる」キャスト

ヤマモト(福士 蒼汰

本作の主人公。

青山隆の小学校時代の同級生を名乗る男。

関西弁で話す。

駅で飛び降り自殺をしようとしていたところを再会と称して差し止め、彼を飲みに誘う。

隆の職場での心情をよく読み取ったうえで「無理することはない」、「何のために営業に勤務しているのか」、「本当に自分がやりたいことなのか」などをよく考えるように諭す。

本当に小学校時代の同級生なのかと隆から尋ねられた際には「わずかな間しかいなかった」としている。

青山 隆(工藤 阿須加

もう一人の主人公で語り部。

ブラック企業の営業部に勤務している男。

上司のパワハラに耐えかねた末に駅で飛び降り自殺をしようとしていたところをヤマモトに再会と称して止められる。

当初は戸惑っていたが、ヤマモトと飲み交わし、彼にいろいろ諭されることで考えを改めていくようになる。

青山 容子(森口 瑤子

隆の母。

夫と共にブドウ農家を営む。

青山 晴彦(池田 成志

隆の父。

ブドウ農家を営む。

「ちょっと今から仕事やめてくる」予告動画

「ちょっと今から仕事やめてくる」感想

仕事で辛い思いをしている人にはぜひ見てもらいたい映画です。

仕事をしていると我慢しなきゃならない時はありますが、自分の体、命を犠牲にしてまで会社に貢献する必要は全くないです。

人生一度きり!

仕事だけが人生の全てではない!

自分のやりたいことを見つけて、人生楽しく送ろう!

と教えてくれる映画です。

U-NEXTの動画配信で見る