【VB.NET】ソースコードにコメントを付ける方法

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

今回は、ソースコードにコメントを付ける方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ソースコードにコメントを付ける

コードに説明用のコメント(注釈)を追加するには、シングルクォーテーション「’」を入力し、続けてコメントを入力します。

コメントの書き方:’シングルクォーテーションの後に説明を書きます。

int A = intB + 100       ‘行の途中からもコメントできます。

‘行頭に「’」を記述すると、行全体がコメントになります。

‘次の行は、行頭に「’」があるので、実行されません。

‘intA += 100

一括してコメントを付ける、はずす

一時的に実行したくないコードをコメントする際、1行だけなら手で対応しても良いですが、複数行になると手で対応するのは面倒です。

その為、IDE(統合開発環境)のツールバーには、まとめてコメントにしたり、はずしたりする機能があります。

コメントを付ける場合

コメントにしたい行を選択します。

 

 

ツールバーの「」アイコンをクリックします。

 

 

すると、まとめてコメントすることができます。

 

コメントをはずす場合

コメントをはずしたい行を選択します。

 

 

ツールバーの「」アイコンをクリックします。

 

 

すると、まとめてコメントをはずすことができます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

本のまとめ関連記事はこちら

数あるVisualBasic本の中で評価の高い本7選