【UiPath】Accessからデータを抽出して、CSVファイルに出力してみる

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

この記事では、Accessからデータを抽出して、CSVファイルに出力する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

動作イメージ

  1. UiPath実行
  2. Accessに接続、テーブルからデータを抽出
  3. データテーブルに抽出データを格納
  4. データテーブルに格納されているデータをCSVファイルに出力

 

使用するサンプルデータ

テーブル名:商品マスタ
商品コード フリガナ 商品名 仕入先コード 区分コード 梱包単位 単価 在庫 発注済 発注点 生産中止
1 カジュウ100パーセント オレンジ 果汁100% オレンジ 2 1 200g×12瓶 200.00 10 100 0 Yes
2 カジュウ100パーセント グレープ 果汁100% グレープ 2 1 200g×12瓶 200.00 12 100 0 No
3 カジュウ100パーセント レモン 果汁100% レモン 2 1 200g×12瓶 200.00 12 100 0 No
4 カジュウ100パーセント ピーチ 果汁100% ピーチ 2 1 200g×12瓶 200.00 12 100 0 Yes
5 コーヒーマイルド コーヒーマイルド 2 1 195g×10缶 190.00 12 200 0 No
6 コーヒービター コーヒービター 2 1 195g×10缶 190.00 120 200 0 No
7 コーヒーミルク コーヒーミルク 2 1 195g×10缶 190.00 10 200 0 Yes
8 ピリピリビール ピリピリ ビール 3 1 320ml×24本 280.00 120 100 100 Yes
9 オタルシロラベル オタル白ラベル 3 1 250ml×24本 300.00 10 100 0 No
10 バードワイン バードワイン 3 1 350ml×24缶 250.00 10 200 0 Yes

作成手順

プロジェクトの作成

UiPath Studioを起動します。

 

「プロセス」を選択します。

 

①プロジェクトの「名前」を入力⇒②プロジェクトを作成する「場所」を指定⇒③「作成」ボタンをクリックします。

 

フローチャートの作成

メニューバーの①「デザイン」タブをクリック⇒②「新規」をクリック⇒③「フローチャート」を選択します。

 

①フローチャートの「名前」を入力⇒②「作成」ボタンをクリックします。

 

「データベース」アクティビティのインストール

①「デザイン」タブをクリック⇒②「パッケージを管理」をクリックします。

 

①「すべてのパッケージ」をクリック⇒②検索ボックスに「UiPath.Database.Activities」と入力⇒③検索結果から「UiPath.Database.Activities」を選択します。

 

「インストール」ボタンをクリックします。

 

「保存」ボタンをクリックします。

 

「同意する」ボタンをクリックし、インストールします。

 

すると、「データベース」アクティビティが追加されます。

 

「クエリを実行」アクティビティの設置

①「アクティビティ」タブをクリック⇒②「アプリの統合」>「データベース」>「クエリを実行」を選択します。

 

マウスの左クリックを押したまま、フローチャート上に移動し、ドロップします。すると、「クエリを実行」アクティビティが設置されます。(ダブルクリックでも可能です。)

 

「データベース接続」の設定

「クエリを実行」の「ダブルクリックして表示」の部分をダブルクリックし、一つ下の階層に移動します。

 

「接続を構成」ボタンをクリックします。

 

「接続ウィザード」ボタンをクリックします。

 

①「Microsoft Access Database File」を選択⇒②「OK」ボタンをクリックします。

 

①「Browse」ボタンをクリックし、Accessファイルを指定⇒②「OK」ボタンをクリックします。

 

「OK」ボタンをクリックします。

 

「SQLクエリ」の設定

「クエリを編集」ボタンをクリックします。

 

①「SQL文」を入力⇒②「OK」ボタンをクリックします。

 

パラメーターを使用する場合

「パラメーター」ボタンをクリックします。

 

①パラメーターを以下のように設定⇒②「OK」ボタンをクリックします。

 

 

名前(変数名) 方向
Start 入力 Int32(整数型) 1
End 入力 Int32(整数型) 10

SQL文の中でパラメーターを使用する場合は、変数「Start」「End」の前に「@」を付けます。このようにすることで、SQL文を直接編集する必要がなく、誤ってSQL文の条件を変えてしまったなどのリスクを減らすことができます。

 

「データテーブル型」の変数の作成

フローチャート下の「変数」タブをクリックします。

 

以下項目を設定します。

 

 

項目名 設定内容
名前 Dt
変数の型 DataTable
スコープ サンプル

データテーブルについて

データテーブルとは、一時的にデータを格納しておくための入れ物です。

 

スコープについて

スコープを「サンプル」に設定すると、変数「Dt」は、フローチャート「サンプル」内であればどこでも使用可能となります。

DataTable型の設定方法

①変数の型の「▼」部分をクリック⇒②「型の参照」を選択します。

 

①型の名前に「System.Data.DataTable」と入力⇒②「DataTable」を選択⇒③「OK」ボタンをクリックします。

 

「プロパティ」画面にて、以下項目を設定します。

 

 

項目名 設定内容
データテーブル Dt(Accessから抽出したデータを一時的に保存しておくための変数)

一番上の階層に戻る

「サンプル」の部分をクリックし、一番上の階層に戻ります。

 

「CSVに書き込み」アクティビティの設置

①「アクティビティ」タブをクリック⇒②「アプリの連携」>「CSV」>「CSVに書き込み」を選択します。

 

マウスの左クリックを押したまま、フローチャート上に移動し、ドロップします。すると、「CSVに書き込み」アクティビティが設置されます。(ダブルクリックでも可能です。)

 

「CSVファイルの出力先」の設定

「CSVに書き込み」の「Double-Click to view」の部分をダブルクリックし、一つ下の階層に移動します。

 

直接入力または、「」ボタンをクリックして、CSVファイルの「出力先」と「ファイル名」を指定します。

 

「データテーブル」の設定

上記で作成した「データテーブル型」の変数を指定します。

 

一番上の階層に戻る

「サンプル」の部分をクリックし、一番上の階層に戻ります。

 

フローチャートの関連付けを行う

「クエリを実行」アクティビティを選択し、マウスの左クリックを押したまま「Start」の位置に近づけると、水色の「三角」マークが表示されます。

 

 

この状態で左クリックから手を離すことによって、「Start」と「クエリを実行」アクティビティの関連付けが行われます。

 

同じ要領で、「CSVに書き込み」アクティビティと「クエリを実行」アクティビティの関連付けを行います。

 

動作確認

メニューバーの①「デザイン」タブをクリック⇒②「開始」ボタンの「▼」をクリック⇒③「実行」を選択し、意図した動きになっているか確認を行います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!