【EXCEL】複数の条件を満たしているかどうかを判定するには?

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

今回は、エクセル関数を使用して複数の条件を満たしているかどうかを判定する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

複数の条件を満たしているかどうかを判定する

設定手順

両方の点数が80点以上の場合にTRUEと表示する

セルに式を設定する

「D3」セルに「=AND(B3>=80,C3>=80)」と入力します。

Enterキーを押します。

式をコピーする

「D3」セルを選択します。

セルの右端にフォーカスをあて「+」マークにしたのち、下にドラッグ(またはダブルクリック)して式をコピーします。

どちらかの点数が80点以上の場合にTRUEと表示する

セルに式を設定する

「E3」セルに「=OR(B3>=80,C3>=80)」と入力します。

Enterキーを押します。

式をコピーする

「E3」セルを選択します。

セルの右端にフォーカスをあて「+」マークにしたのち、下にドラッグ(またはダブルクリック)して式をコピーします。

解説

AND関数

書式 AND(論理式1[,論理式2,・・・])
概要 すべての条件を満たすかどうか判定する
詳細 「論理式」には、TRUE(真)またはFALSE(偽)となるような条件式を指定する。
指定した論理式がすべて成立する場合はTRUEを、そうでない場合はFALSEを返す。

「論理式1」「論理式2」両方の条件に当てはまれば「TRUE」、そうでなければ「FALSE」となります。

OR関数

書式 OR(論理式1[,論理式2,・・・])
概要 いずれかの条件を満たすかどうか判定する
詳細 「論理式」には、TRUE(真)またはFALSE(偽)となるような条件式を指定する。
指定した論理式が1つでも成立する場合はTRUEを、1つも成立しない場合はFALSEを返す。

「論理式1」「論理式2」どちらか一方の条件に当てはまれば「TRUE」、どちらも当てはまらなければ「FALSE」となります。

論理式について

論理式では、多くの場合、比較演算子を使って条件を指定します。

比較演算子は2つの値を比較して、その大小や等しいか等しくないかなどを判定するときに使います。

主な比較演算子は下表のとおりです。

演算子 意味
= 右辺と左辺が等しい
> 左辺が右辺より大きい
>= 左辺が右辺以上
< 左辺が右辺より小さい
<= 左辺が右辺以下
<> 右辺と左辺が等しくない

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!