【ACCESS VBA】VBAコードの基本まとめ

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

この記事では、VBAコードの基本についてご紹介します。

VBAコードの書き方

書き方の基本

何に対して何をするかをコードで記述します。

 

VBAコードの処理の構成

処理の構成は、大きく分けると「順次処理」「条件分岐処理」「繰り返し処理」の3種類となります。

順次処理

コードの記述した処理が上から順番に実行されます。そのため、コードは処理を行いたい順番に上から記述します。これを「順次処理」といいます。

 

条件分岐処理

条件判断のコードを加えることにより、処理を途中で分岐することができます。これを「条件分岐処理」といいます。

 

繰り返し処理

同じ処理を繰り返すことができます。これを「繰り返し処理」といいます。

 

VBAコードの構造

コードの作成場所や構成など、コードの記述に必要な基本項目をご紹介します。

最も基本的な用語は、「モジュール」「ステートメント」「プロシージャ」「オブジェクト」「プロパティ」「メソッド」です。

モジュールとは

VBAコードを記述するには、VBE(Visual Basic Editor)と呼ばれるエディターを使います。

 

VBEの中に、プロジェクトエクスプローラーというものがあります。

 

プロジェクトエクスプローラーの中に表示されているものが、「モジュール」と呼ばれているプログラムを管理する場所となります。

 

モジュールの中身は、以下の図のような画面になります。この部分にVBAコードを入力していきます。

 

ステートメントとは

さまざまな動作をさせるには、処理を実行させる命令文を1行ずつ記述していきます。

 

この一つひとつの命令文を「ステートメント」といいます。

 

プロシージャとは

プロシージャとは、ステートメントを一つに取りまとめた処理単位のことです。

 

主なプロシージャの種類は「Subプロシージャ」「Functionプロシージャ」「イベントプロシージャ」の3種類です。

 

プロシージャの種類 表示例
Subプロシージャ 「Sub」で始まるプロシージャ。
Functionプロシージャ 「Function」で始まるプロシージャ。処理結果を返すプロシージャ。
イベントプロシージャ 「フォームを起動する」や「フォーム上のボタンがクリックしたとき」のように、ある状態になったときをきっかけに自動実行されるプロシージャ。 

オブジェクトとは

オブジェクトとは、操作の対象となるものです。

オブジェクトの記述例(ピンク部分がオブジェクト)

 

記述例:Application.Quit

意味 :Accessを閉じる

 

記述例:DoCmd.OpenTable “sample”, acViewNormal

意味 :sampleテーブルを開く

プロパティとは

プロパティとは、オブジェクトの属性、状態をあらわすことばです。

プロパティの記述例(ピンク部分がプロパティ)

 

記述例:SampleForm.Height

意味 :フォームの高さ

 

記述例:SampleForm.BackColor

意味 :フォームの

メソッドとは

メソッドとは、オブジェクトの動作をあらわすことばです。

メソッドの記述例(ピンク部分がメソッド)

 

記述例:cmbSample.AddItem “サンプル”

意味 :コンボボックスに「サンプル」項目を追加する

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!