VisualStudio(統合開発環境)の画面構成をまとめてみました!

スポンサーリンク

統合開発環境とは

ソフトウェアの開発において用いられるエディタ、コンパイラ、リンカ、デバッガ、その他の支援ツールなどを統合・統一化した開発環境のことである。

統合開発環境 – Weblio辞書

ざっくり言うと、効率よくプログラムを組めるように手助けしてくれるツールです。

全体の画面レイアウト

①メニューバー

 

大体のアプリケーションに付いているメニューバー。VisualStudioでも他のアプリケーションと同様、メニューバーを基本に、さまざまな操作ができます。

②ツールバー

メニューバーにある機能をアイコン表示で視覚的にわかりやすくしたものです。

③ツールボックス

フォームに配置するコントロールが用意されています。

よく使用するコントロールは、テキストボックス、ラベル、ボタン、コンボボックス、チェックボックスなどです。

ツールボックスは、画面のベースとなるフォームにコントロールをドラッグ・アンド・ドロップで配置できて便利です。

サードパーティ製のコントロールもツールボックスに追加することができます。

④Windowsフォームデザイナー

フォームの上にさまざまなコントロールを配置し、画面をデザインします。

⑤ソリューションエクスプローラー

ソリューションとプロジェクトの構成がツリー表示されています。

デザインした画面、ソースファイル、設定ファイルなどが一元管理されています。

⑥プロパティウィンドウ

フォームやコントロールなどのオブジェクトのプロパティを設定します。

フォームや各コントロールごとにさまざまな設定ができます。

⑦コードエディター

プログラムコードを記述する場所です。

ここにプログラムコードを記述することにより、④「Wondowsフォームデザイナー」で作成した画面を動かすことができます。

⑧エラー一覧

⑦でプログラムコードを記述していて誤りがあると、この画面にエラー内容が表示されます。

以上が、VisualStudio(統合開発環境)の主な画面構成になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!