【EXCEL VBA】指定した回数だけ処理を繰り返す方法

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

この記事では、指定した回数だけ処理を繰り返す方法をご紹介します。

スポンサーリンク

指定した回数だけ処理を繰り返す

表の「No.」の列に1から5の数値を設定する。

 

書式

指定した回数だけ処理を繰り返すには、For…Nextステートメントを使います。

書式は、次のようになります。

For カウンター変数 = 初期値 To 終了値 [Step 増減値]

      繰り返す処理

Next

  1. Stepキーワードは省略可能です。
  2. Stepキーワードを省略した場合は、増分値1になります。
  3. 「Step 5」と指定した場合は、「5」「10」「15」と5ずつ増加します。

何らかの条件などによって途中で終了する場合は、Exit Forステートメントを使います。

For カウンター変数 = 初期値 To 終了値 [Step 増減値]

      繰り返す処理

      If 繰り返す処理 = “A” Then

         Exit For

      End If

Next

マクロの作成

「開発」タブの確認

リボンに「開発」タブが表示されているかの確認をします。

 

 

「開発」タブが表示されていない場合は、「開発タブの表示」をご覧ください。

マクロの作成

①「開発」タブをクリック⇒②「マクロ」をクリックします。

 

①「マクロ名」を入力⇒②「作成」をクリックします。

 

サンプルプログラム

VBAコードの入力

VBE(Visual Basic Editor)のピンク枠の部分に、VBAコードを入力していきます。

3 カウンター変数「RowCnt」を用意。
5 カウンター変数「RowCnt」が1から5になるまで、以下の処理を繰り返す。
6 A列の2行目から6行目まで1ずつ値を増やしてセルに設定する。

マクロの実行

①「開発」タブをクリック⇒②「マクロ」をクリックします。

 

①「マクロ名」を選択⇒②「実行」をクリックします。

 

 

すると、作成したマクロが実行されます。

 

VBAコードの保存

「ファイル」タブをクリックします。

 

 

「名前を付けて保存」を選択し、ファイル保存画面を起動します。

 

 

①ファイル名を入力⇒②「Excel マクロ有効ブック(*.xlsm)」を選択⇒③「保存」ボタンをクリックします。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!