【EXCEL】文字列の先頭に同じ文字を一括で入力する方法

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

エクセルでデータ加工していて、現行データの先頭に同じ文字を追加したい時ってありませんか?

10件程度のデータ量ならば、1件ずつ作業してもなんとかなるかもしれません。

しかし数千件、数万件のデータ量を1件ずつ手作業で行うとなると途方に暮れてしまいますよね。

A列にお菓子名が入力されているとします。

 

 

このお菓子名の前に「お菓子:」という文字を一括で追加したいと思います。

今回は、文字列の先頭に同じ文字を一括で入力(文字列を追加)する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

B1セルに式を入力します。

B1セルに「=”お菓子:”& A1」という式を入力します。

 

補足説明
  • 式の中で、固定の文字列を表すには、「”」(ダブルクォーテーション)で文字列を囲みます。
  • 固定の文字列とA1セルの値をくっつけるには、「&」(アンパサンド)記号を使います。

A列のデータがある行まで式をコピーします。

B1セルの右端にカーソルを合わせ、「+」状態にします。

 

左クリックした状態でズルズルっと7行目まで移動します。

 

左クリックから手を離すと、1行目から7行目まで式が埋め込まれます。

 

 

C列に値の貼り付けをします。

式を埋め込んだB列の1行目から7行目を選択します。

 

「Ctrl」キー+「C」キーを押し、コピーします。

 

C1セルにフォーカスを移します。

 

右クリックでショートカットメニューを表示し、「形式を選択して貼り付け」をクリックします。

 

 

 

「貼り付け」グループにある「値」を選択し、OKボタンをクリックします。

 

 

 

体裁を整えます。

式を埋め込んだB列は不要なので削除し、体裁を整えます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!