Office2019とOffice365 Soloの比較とAmazonでの購入手順

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

この記事では、Office2019とOffice365 Soloの比較とAmazonでの購入手順をご紹介します。

Office2019とは

永続ライセンスとして、販売されているOffice製品です。

 

永続ライセンスとは、購入時に一括で支払う「買い切り型」のことで、購入してしまえばサポートが切れるまで、ずっと使えます。

Office365 Soloとは

Office2019の買い切り型のOffice製品に対し、Office365はサブスクリプション製品です。

 

サブスクリプションとは、毎月あるいは年単位で支払う方法です。

 

Offce365には、法人向け/個人向けがあり、個人向けの製品がOffice365 Soloです。

Office2019とOffice365 Soloの比較

  Office2019
Office365 Solo 
Office Personal Office Home & Business
価格 ¥32,784 ¥38,284 ¥12,984/年
含まれるアプリケーション Word Word Word
Excel
Excel Excel
Outlook PowerPoint PowerPoint
Outlook Outlook
Access (Windows PC のみ)
Publisher (Windows PC のみ)
含まれるサービス OneDrive(1TB)
Skype
インストール可能台数 2 台の Windows PC 2 台の Windows PC または Mac 無制限(Windows PC、Mac、タブレット、スマートフォン などすべてのデバイス)
アップグレード なし なし 常に最新

Office2019のメリット・デメリット

メリット

  • 一度購入してしまえば、追加費用が発生しない。
  • インストールしてしまえばインターネット環境がなくても使用できる。

デメリット

  • 買い切り型なので、アップグレードがない。
  • サポート期限がある

Office365 Soloのメリット・デメリット

メリット

  • Windows PC、Mac、タブレット、スマートフォンなどあらゆるデバイスで使用できる。
  • 常に最新のソフトウェアを使用できる。
  • サポート期限がない。
  • 1TBのクラウドストレージが使用できる(OneDrive)。

デメリット

  • サブスクリプション製品なので、使用している間は、月額または年額の料金が発生する。
  • 2年半以上使うと、Office Personalよりも高くなる。

Amazonでの購入手順(Office365 Solo版)

購入手順の流れ

Step.1
Microsoftのアカウントを作成
Microsoftのアカウントを持っていなければ、新規に作成します。

Step.2
Amazonで購入
カートに入れて購入します。

Step.3
AmazonからMicrosoftへ移動
AmazonのダウンロードライブラリーからMicrosoftのサイトに移動します。

Step.4
ライセンス認証
Microsoftのサイトでライセンス認証を行います。

Step.5
有効期限の確認
有効期限が1年後になっていることを確認します。

Step.1 Microsoftのアカウントを作成

「Microsoft アカウントを作成」をクリックします。

 

①「メールアドレス」を入力⇒②「次へ」をクリックします。

 

①「パスワード」を入力⇒②「次へ」をクリックします。

 

①メールに記載されている「セキュリティコード」を入力⇒②「次へ」をクリックします。

 

「問題ありません」をクリックします。

 

Step.2 Amazonで購入

Amazonの対象のページ(Microsoft Office 365 Solo (最新 1年版)|オンラインコード版)を開きます。

 

購入形態・種類:「2)オンラインコード」、版/Edition:「Office 365 個人向け(1年版)」が選択されていることを確認します。

 

「カートに入れる」をクリックします。

 

「レジに進む」をクリック⇒支払方法を選択して購入します。
 

Step.3 AmazonからMicrosoftへ移動

「ゲーム&PCソフトダウンロードライブラリ」をクリックします。

 

「Office.comへ」をクリックします。

 

Step.4 ライセンス認証

「サインイン」をクリックします。

 

①Step.1でアカウント作成した「メールアドレス」を入力⇒②「次へ」をクリックします。

 

①「パスワード」を入力⇒②「サインイン」をクリックします。

 

①国または地域「日本」を選択⇒②該当する言語「日本語」を選択⇒③「次へ」をクリックします。

 

①定期請求を「無効」に設定⇒②「次へ」をクリックします。

 

 

MEMO

定期請求が「有効」のままだと、次回更新時に自動的にMicrosoftの価格に切り替わるので、「無効」にしておきます。

「次へ」をクリックします。

 

Step.5 有効期限の確認

有効期限が1年後になっていることを確認します。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!