【EXCEL】勤務時間を15分単位で切り上げる/切り捨てるには?

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

今回は、エクセル関数を使用して勤務時間を15分単位で切り上げる/切り捨てる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

勤務時間を15分単位で切り上げる/切り捨てる

切り上げ

切り捨て

設定手順

15分単位で切り上げる

セルに式を設定する

「E3」セルに「=CEILING(C3-B3,”0:15″)」と入力します。

Enterキーを押します。

式をコピーする

「E3」セルを選択します。

セルの右端にフォーカスをあて「+」マークにしたのち、下にドラッグ(またはダブルクリック)して式をコピーします。

15分単位で切り捨てる

セルに式を設定する

「E3」セルに「=FLOOR(C3-B3,”0:15″)」と入力します。

Enterキーを押します。

式をコピーする

「E3」セルを選択します。

セルの右端にフォーカスをあて「+」マークにしたのち、下にドラッグ(またはダブルクリック)して式をコピーします。

解説

CEILING関数

書式 CEILING(数値,基準値)
概要 基準値の倍数に切り上げる
詳細 「数値」には、対象となる数値やセル参照を指定する。
「基準値」には、倍数の基準となる数値やセル参照を指定する。

「退社時間」から「出社時間」を引いた結果を、15分単位で切り上げます。
時間(0:15)を数式に利用する場合は、「”」(ダブルクォーテーション)で囲みます。

※計算結果はシリアル値で表示されるので、表示形式を変える必要があります。表示形式を変える方法は、以下をご覧ください。

FLOOR関数

書式 FLOOR(数値,基準値)
概要 基準値の倍数に切り捨てる
詳細 「数値」には、対象となる数値やセル参照を指定する。
「基準値」には、倍数の基準となる数値やセル参照を指定する。

「退社時間」から「出社時間」を引いた結果を、15分単位で切り捨てます。
時間(0:15)を数式に利用する場合は、「”」(ダブルクォーテーション)で囲みます。

※計算結果はシリアル値で表示されるので、表示形式を変える必要があります。表示形式を変える方法は、以下をご覧ください。

シリアル値から時刻に表示形式を変える方法

時刻表示したいセルを選択します。

右クリックし、ショートカットメニューを表示⇒「セルの書式設定」を選択し、セルの書式設定画面を起動します。

①「表示形式」タブを選択⇒②分類から「時刻」を選択⇒③種類から「13:30」を選択し、OKボタンをクリックします。

すると、シリアル値から時刻に表示形式を変えることができます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!