【EXCEL】プルダウンリストと別セルの関連付けを行う方法

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

この記事では、プルダウンリストと別セルの関連付けを行う方法をご紹介します。

スポンサーリンク

プルダウンリストと別セルの関連付けを行う

設定手順

ドロップダウンリストの設定

「A2」セルを選択します。

 

①「データ」タブをクリック⇒②「データの入力規則」をクリック⇒③「データの入力規則」を選択します。

 

①「設定」タブをクリック⇒②入力値の種類から「リスト」を選択⇒③「」をクリックします。

 

「E3」セル~「E14」セルを選択します。

 

①「」をクリック⇒②「OK」をクリックします。

 

セルに式を設定

「B2」セルに「=IF(A2=””,””,VLOOKUP(A2,E3:G14,2,0))」と入力します。

 

Enterキーを押します。

 

「C2」セルに「=IF(A2=””,””,VLOOKUP(A2,E3:G14,3,0))」と入力します。

 

Enterキーを押します。

 

解説

VLOOKUP関数

書式 VLOOKUP(検索値,範囲,列番号[,検索方法])
概要 表を検索して値を取り出す
詳細 「検索値」を「範囲」の左端列で検索し、「列番号」に指定した列のデータを取り出す。
「検索方法」には「1 (TRUE)」または「0 (FALSE)」を指定する(省略した場合はTRUE)。
「1 (TRUE)」を指定すると「検索値」にもっとも近い値が検索され、
「0 (FALSE)」を指定すると「検索値」と完全に一致する値が検索される。
検索方法に「1 (TRUE)」を指定するときは、左端列のデータを昇順に並べておく必要がある。

型番に紐づく商品名を取得する。


IF関数

書式 IF(論理式[,真の場合][,偽の場合])
概要 条件によって処理を振り分ける
詳細 「論理式」には、結果がTRUE(真)またはFALSE(偽)になるような条件式を指定する。
「真の場合」には条件式がTRUEの場合の処理を、
「偽の場合」にはFALSEの場合の処理を指定する。

論理式について

IF関数の論理式では、多くの場合、比較演算子を使って条件を指定します。

 

比較演算子は2つの値を比較して、その大小や等しいか等しくないかなどを判定するときに使います。

 

主な比較演算子は下表のとおりです。

演算子 意味
= 右辺と左辺が等しい
> 左辺が右辺より大きい
>= 左辺が右辺以上
< 左辺が右辺より小さい
<= 左辺が右辺以下
<> 右辺と左辺が等しくない

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!