Visual Studioのインストール手順(学習用)をまとめてみた!

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

プログラムの勉強をするために本を読んでいるだけでは、どのように動くかイメージしづらいし、手を動かさないとなかなか覚えられないですよね。

そこで今回は、Visual Studioの学習環境を作ってみました。(一切、お金はかかりません!)

スポンサーリンク

準備するもの

Visual Studioのインストーラー

1.マイクロソフトのホームページを開きます。

2.「Visual Studio Community」ボタンをクリックします。

   

3.「VS Community 2017 のダウンロード」をクリックします。

4.以下ページが表示され、自動的にダウンロードが始まります。

NET Frameworkのインストーラー(OSのバージョンによる)

OSのバージョンが古い場合は、.NET Frameworkを個別にインストールする必要があります。

先に.NET FrameworkのバージョンをアップグレードしないとVisual Studio Communityがインストールできません。

例として、OSがWindows7の場合、Visual Studio Communityがインストールできないと思われます。

Visual Studio Communityがインストールできない場合は、.NET Frameworkを先にインストールしましょう!

1.マイクロソフトのホームページを開きます。

2.以下赤枠のリンクをクリックします。

「Webインストーラー」「オフライン インストーラー」の2種類ありますが、インストールするパソコンが、ネットが繋がる環境であれば、どちらでも構いません。

3.「Download」ボタンをクリックします。

4.以下ページが表示され、自動的にダウンロードが始まります。

インストール

Visual Studio Communityのインストール

1.vs_community__〇〇〇.exeファイルをダブルクリックします。

2.「続行」ボタンをクリックします。

 

3.「インストール」ボタンをクリックします。

4.インストールする項目を選択します。

今回は、「.NET デスクトップ開発」「データの保存と処理」のみをインストールします。学習する上では、この2つで十分かと思います。その他にもいろいろな機能がありますので、気になるものがあればインストールしてみてくださいね。

5.「インストール」ボタンをクリックし、インストールを開始します。

しばらく時間がかかりますので、お茶でも飲みながらゆっくり待ちましょう!(約1時間くらいです。)

インストール完了です。

NET Frameworkのインストール

このインストールは、Visual Studio Communityのインストールができなかった場合にのみ行います。

1.NDP471-KB4033344-〇〇〇.exeファイルをダブルクリックします。

2.「続行」ボタンをクリックし、インストールを開始します。

各画面にて設定を変えずに「次へ」ボタンをクリックして完了です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!