【WORD】文書内を効率よく移動する方法

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

この記事では、文書内を効率よく移動する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ナビゲーションウィンドウを使用する

概要

「ナビゲーションウィンドウ」とは、文書の構成を確認できるウィンドウのことです。

初期の設定では表示されていませんが、表示・非表示を切り替えることができます。

ナビゲーションウィンドウでは、次のようなことができます。

  1. 文書内の見出しを表示
  2. ページをサムネイルで表示
  3. 現在の検索結果の表示

解説

1. 文書内の見出しを表示

文書内の見出しを設定しておくと、見出しごとに階層構造で表示されます。

 

見出しをクリックすると、その見出しの場所へ移動することができます。

 

さらに、見出しをドラッグして、見出し単位で文章を入れ替えたり、ナビゲーションウィンドウに表示する見出しレベルの表示・非表示を切り替えたりすることもできます。

 

<見出しの入れ替え>

 

<見出しレベルの表示・非表示の切り替え>

2. ページをサムネイル表示

ページのサムネイル(縮小版)の一覧が表示されます。

 

サムネイルをクリックすると、そのページに移動します。

 

3. 現在の検索結果の表示

検索した単語の周辺の文章が表示されます。

 

表示手順

1. 文書内の見出しを表示

①「表示」タブをクリック⇒②「ナビゲーションウィンドウ」をチェックします。

 

2. ページをサムネイル表示

①「表示」タブをクリック⇒②「ナビゲーションウィンドウ」をチェックします。

 

「ナビゲーションウィンドウ」の「」マーク(文書のページを検索します)をクリックします。

 

3. 現在の検索結果の表示

①「表示」タブをクリック⇒②「ナビゲーションウィンドウ」をチェックします。

 

「ナビゲーションウィンドウ」の①「」マーク(現在の検索結果を表示します)をクリック⇒②「検索ボックス」に検索したいワードを入力します。

 

ジャンプを使用する

概要

「ジャンプ」を使うと、文書内の指定した位置に効率よく移動できます。

ページやセクション、表、ブックマークなどを移動先に指定できます。

移動先を指定する方法には、次のようなものがあります。

  1. 《検索と置換》ダイアログボックス
  2. (ジャンプ先の選択)

解説

1. 《検索と置換》ダイアログボックス

ページ番号やセクション番号、表番号などを指定して、目的の移動先に直接移動します。

 

2. (ジャンプ先の選択)

現在カーソルがある位置を基準に、ページ番号やセクション単位、表単位ごとに移動します。

 

起動手順

1. 《検索と置換》ダイアログボックス

①「ホーム」タブをクリック⇒②「検索」をクリックします。

 

「ジャンプ」をクリックします。

 

2. (ジャンプ先の選択)

スクロールバーの「」(ジャンプの選択)をクリックします。

 

使用例

文頭から表にジャンプする場合

文頭にカーソルがあることを確認します。

 

①「ホーム」タブをクリック⇒②「検索」をクリックします。

 

「ジャンプ」をクリックします。

 

①「移動先」の一覧から「表」を選択⇒②「次へ」ボタンをクリックします。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

本のまとめ関連記事はこちら

数あるワード本の中で評価の高い本5選