【WORD】文書の表示モードの種類と切り替え方法

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

この記事では、文書の表示モードの種類と切り替え方法をご紹介します。

スポンサーリンク

文書の表示モードの種類

印刷レイアウト

用途

印刷結果とほぼ同じレイアウトで表示されます。余白や図形などがイメージどおりに表示されるので、全体のレイアウトを確認しながら編集する場合に便利です。

全画面閲覧

用途

画面領域を広く使い、画面領域のサイズに合わせてページが表示されます。文書を画面上で読む場合に便利です。

Webレイアウト

用途

ブラウザーで文書を開いたときと同じイメージで表示されます。文書をWebページとして保存する前に、イメージを確認する場合に便利です。

アウトライン

用途

文書を見出しごとに折りたたんだり、展開したりして表示できます。文書の全体の構成を確認したり、文章を入れ替えたりできます。文書の内容を系統立てて整理する場合に便利です。

下書き

用途

ページのレイアウトが簡略化して表示されます。余白や図形などの表示を省略するため、文字をすばやく入力したり、編集したりする場合に便利です。

文書の表示モードの切り替え方法

リボンを使用する場合

①「表示」タブをクリック⇒②「文書の表示」グループにある「印刷レイアウト」「全画面表示」「Webレイアウト」「アウトライン」「下書き」をクリックします。

 

ステータスバーを使用する場合

左から順番に、「印刷レイアウト」「全画面閲覧」「Webレイアウト」「アウトライン「下書き」のアイコンをクリックします。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

本のまとめ関連記事はこちら

数あるワード本の中で評価の高い本5選