【EXCEL】削除や移動に影響しない連番を付けるには?

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

今回は、エクセル関数を使用して削除や移動に影響しない連番を付ける方法をご紹介します。

スポンサーリンク

削除や移動に影響しない連番を付ける

名簿などで番号を手入力しているとき、どこかを削除したり追加したりした場合、番号を振り直す必要があり、面倒ではありませんか?

EXCEL関数を使用すると、削除や追加をしても自動的に番号が振り直されるので、変更が多いデータを管理するときに便利です。

設定手順

セルに式を設定する

「A3」セルに「=ROW()-2」と入力します。

Enterキーを押します。

式をコピーする

「A3」セルを選択します。

セルの右端にフォーカスをあて「+」マークにしたのち、下にドラッグ(またはダブルクリック)して式をコピーします。

解説

ROW関数

書式 ROW([参照])
概要 行番号を求める
詳細 「参照」には、行番号を調べるセルまたはセル範囲を指定する。
省略すると、ROW関数を入力したセルの行番号が求められる。

「参照」のセルの行番号から「2」を引いた値を求めています。

この例では、番号を振る位置が3行目なので「2」を引いていますが、表の1行目から番号を付ける場合は、「-2」は不要です。

途中の行を削除しても、自動的に番号が振り直されます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!