【EXCEL】ファイルの共有、変更履歴表示、解除方法

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

エクセルファイルをファイルサーバーの共有フォルダに置いた際、誰かがファイルを開いていると、読み取り専用になってしまって、編集できず困った経験はありませんか?

今回は、読み取り専用にならないようにする方法ご紹介します。

スポンサーリンク

ブックの共有機能を使用する

設定手順

①「校閲」タブをクリック⇒②「ブックの共有」をクリックします。

 

①「編集」タブをクリック⇒②「複数のユーザーによる同時編集と、ブックの結合を許可する」にチェックします。

 

①「詳細設定」タブをクリック⇒②「変更履歴」項目を選択⇒③「変更の更新」項目を選択⇒④「変更の競合」項目を選択⇒⑤「OK」をクリックします。

 

 

各項目の解説

No 項目 解説

2

変更
履歴
変更履歴を保持するかどうかを指定します。
複数の人が編集することが前提ですので、いつ誰がどのように変更したかがわかるように、履歴を保持することをおすすめします。
3 変更
の更新
編集した内容を保存するタイミングを指定します。
4 変更
の競合

複数の人が同じセルを編集した場合、確認メッセージを表示するかどうかを指定します。
「反映する変更箇所を確認する」を指定した場合、以下のような画面が表示されます。



「OK」をクリックすると、ファイル名の横に[共有]の文字が表示されます。

 

変更の履歴を確認する

①「校閲」タブをクリック⇒②「変更履歴の記録」をクリック⇒③「変更箇所の表示」をクリックします。

 

①強調表示する変更箇所を指定⇒②変更箇所をどのように表示するかを指定⇒③「OK」をクリックします。

 

 

②の解説

変更箇所を画面に表示する」を指定した場合は、ポップアップ表示されます。

 

新しいシートに変更箇所一覧を作成する」を指定した場合は、履歴シートが表示されます。

 

ブックの共有解除

①「校閲」タブをクリック⇒②「ブックの共有」をクリックします。

 

①「編集」タブをクリック⇒②「複数のユーザーによる同時編集と、ブックの結合を許可する」のチェックを外す⇒③「OK」をクリックします。

 

「はい」をクリックします。

 

ブックの共有の制約事項

ブックの共有をすることにより、エクセルの機能の一部が使用できなくなります。必要に応じてブックの解除をします。

制約のかかる主な項目、操作

主な項目
表の作成または挿入
条件付き書式の追加または変更
データの入力規則の追加または変更
グラフやピボットグラフ レポートの作成または変更
図やその他のオブジェクトの挿入または変更
ハイパーリンクの挿入または変更
シナリオの作成、変更、表示
自動集計の挿入
データ テーブルの作成
ピボットテーブル レポートの作成または変更
主な操作
セルのブロックの挿入または削除
ワークシートの削除
セルの結合または結合されたセルの分割
書式による並べ替えまたはフィルタリング
描画ツールの使用
パスワードの割り当て、変更、削除
ワークシートやブックの保護または保護の解除
データのグループ化またはアウトライン化
マクロの記述、記録、変更、表示、割り当て
配列数式の変更または削除
データ フォームを使用した新規データの追加

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!