【VB.NET】フォーム間のデータ受け渡しをするサンプル

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

前回の続きのプログラムのサンプルをご紹介します。

前回では、

SQLサーバーのデータを型付きデータテーブルにセットする方法

をご紹介しました。

動作イメージ

  1. データ抽出ボタンをクリック
  2. データベース(Northwind)へ接続
  3. Customersテーブルからデータ抽出
  4. データテーブルにセット
  5. データベース(Northwind)の切断
  6. 一覧に表示ボタンをクリック
  7. データグリッドビューにデータセットの値をセット

今回は、フォーム間のデータ受け渡しをするサンプルをご紹介します。

動作イメージ

  1. 詳細ボタンをクリック
  2. データテーブル、選択したレコードのプライマリーキー(CustomerID)をプロパティにセット
  3. プライマリーキー(CustomerID)を元に、データテーブルのレコードを取得
  4. 画面に値を表示

画面イメージ

親画面

子画面

Form2.vb(子画面)

Form2クラス内で使用する変数を宣言

フォーム間のデータ受け渡し用プロパティを作成

データを取得して、各コントロールに値を設定するメソッドを作成

画面起動イベントを作成

Form1.vb(親画面)

詳細表示ボタンのクリックイベントを作成

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

本のまとめ関連記事はこちら

数あるVisualBasic本の中で評価の高い本7選