【EXCEL】会員の年代別人数を求めるには?

訪問して頂きありがとうございます。まさふくろーです。

今回は、エクセル関数を使用して会員の年代別人数を求める方法をご紹介します。

スポンサーリンク

会員の年代別人数を求める

設定手順

年代を求める

セルに式を設定する

「E3」セルに「=TRUNC(C3,-1)」と入力します。

Enterキーを押します。

式をコピーする

「E3」セルを選択します。

セルの右端にフォーカスをあて「+」マークにしたのち、下にドラッグ(またはダブルクリック)して式をコピーします。

年代別人数を求める

セルに式を設定する

「H3」セルに「=COUNTIFS(E3:E15,G3,D3:D15,H2)」と入力します。

Enterキーを押します。

「H3」セルに戻り「E3:E15」を選択します。

F4キーを押し、絶対参照にします。

続けて、「G3」を選択します。

F4キーを3回押し、複合参照にします(アルファベットGの前のみ$記号を付けます)。

続けて、「D3:D15」を選択します。

F4キーを押し、絶対参照にします。

続けて、「H2」を選択します。

F4キーを2回押し、複合参照にします(アルファベットHの後ろのみ$記号を付けます)。

式をコピーする

「H3」セルを選択します。

セルの右端にフォーカスをあて「+」マークにしたのち、右にドラッグして式をコピーします。

続けて、セルの右端にフォーカスをあて「+」マークにしたのち、下にドラッグして式をコピーします。

解説

TRUNC関数

書式 TRUNC(数値[,桁数])
概要 指定した桁数になるように数値を切り捨てる
詳細 「数値」には、切り捨て対象となる数値やセル参照を指定する。
「桁数」には、どの位で切り捨てるかを指定する。
桁数を省略すると、整数になるように少数点以下を切り捨てる。
桁数 切り捨ての位置
2 少数第3位で切り捨て
1 少数第2位で切り捨て
0または省略 少数第1位で切り捨て
-1 1の位で切り捨て
-2 10の位で切り捨て

「桁数」に「-1」を指定して、年齢の1の位を切り捨て、10年ごとの年代を求めます。

結果は以下のようになります。

COUNTIFS関数

書式 COUNTIFS(検索条件範囲1,検索条件1,[,検索条件範囲2,検索条件2,・・・])
概要 複数の条件に一致するデータの数を数える
詳細 「検索条件範囲1」には、1つ目の検索対象となるセル範囲を指定する。
「検索条件1」には、条件範囲1に対する条件を指定する。
必要に応じて「検索条件範囲2」に対する条件を「検索条件2」、・・・と複数の条件を指定できる。

条件に「年代」と「性別」を指定し、両方の条件に一致するデータ数を数えます。

検索条件1「$G3」と指定すると、G列固定になります。

検索条件2「H$2」と指定すると、行固定(この例では2行目固定)になります。

結果は以下のようになります。

補足1
式をコピーしてもずれないように「検索条件範囲」を絶対参照で指定します。
※絶対参照については、以下「絶対参照」をご覧ください。

補足2
式をコピーしてもずれないように、「検索条件」を複合参照で指定します。
※複合参照については、以下「複合参照」をご覧ください。

絶対参照

絶対参照とは

セル参照の行番号と列番号の前にそれぞれ「$」を付けると、式をコピーしても参照先が変わりません。

数式のセル範囲を指定した直後にF4キーを押すか、「$」記号を手動で入力します。

「$」記号付きと「$」記号なし との比較

「$」記号を付けた場合、式をコピーしても値はかわりません。下表(1)

一方、「$」記号を付けなかった場合、式をコピーすると、コピー先に合わせて参照するセルが自動的に変わります。この参照方式を「相対参照」と言います。下表(2)

複合参照

複合参照とは

セル参照の行番号、列番号いずれかの前に「$」を付けると、$が付いた行(または列)は、式をコピーしても参照先が変わりません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!